前へ
次へ

外構工事そして芝生を設置する場合のポイント

外構工事を魅力的に見せることによって、その住宅が魅力的に感じることがあります。そこで、どのような種類の外構工事を選んだらよいのかは重要な問題になります。工事をする場合には、コンクリートやタイルを敷き詰める過程もありますが、確かにその方法だと管理が非常に楽です。ただお金がかかるといった問題点は考えなくてはいけません。特にタイルの場合には、頑丈なものを使用すればするほどそれなりのお金がかかってしまうものです。そこまで工事に対してお金をかけたくないと考える場合には、あえて芝生を植えてみても良いでしょう。芝生を植える場合には、費用が非常に安く1平方メートルあたりで5000円もかからないのがポイントになります。自分でホームセンターなどで購入してみても良いかもしれません。ホームセンターならば、30センチ× 30センチの大きさが8個ぐらい入っていて500円程度で手に入る可能性が高いでしょう。この時問題になるのは、一体いつ入れたら良いかと言うものです。比較的1年中上ても問題のない芝生ですが、できれば3月から4月位の間に植えたら良いでしょう。関東地方や関西地方の中でも気温が20度位になる時期がちょうど3月から4月位になります。気温が20度ぐらいになると、芝生が緑色になり成長が早まるでしょう。25度の時期に上ると、芝生の伸びる勢いがかなり高くなりますので、それぐらいに植えても特に問題はありません。真冬に植えてしまうと、なかなか成長しなくなりますので、注意が必要です。ただし、真冬に植えたとしても緑色にならない状態が続くだけで特に芝生自体に何か問題が発生するわけではありません。芝生の中には、枯れた状態でそのまま成長しないものもありますが、他の部分が成長すれば1年経過するうちに庭全体があっという間に芝生で覆われるようになるでしょう。このように、自然に放っておいてもある程度管理が楽な芝ですが、6月から10月にかけては1週間で5センチ位伸びることもありますので定期的な管理が必要になります。

見えないところも丁寧に施工いたします
フローリングの張り替え等も、敷居との取り合いを削ることでぴったりと合わせますので、隙間のないキレイな仕上がりになります。

安心して店舗内装をまかせられる大阪のウィリアシャムロックリフォーム会社
飲食店やフィットネスクラブといった様々な店舗デザインをご提供します

リフォームなどを行う工務店を平塚で選ぶならこちら
現地調査・ヒアリングなどを徹底して行うので、自分の理想を実現した家・内装を施工できます。

エクステリア工事に強い平野区の施工業者です。
他社よりも低価格での施工も可能なエクステリア業者です。

忙しくて留守がちの方でもご安心ください

Page Top